【体験談】通信制高校で大学に通うことができるようになりました。

私が通信制高校と出会ったきっかけ

私は中学生の頃に訳あって不登校になり、高校へは進学せずに上京して東京の板前でアルバイトをしていました。
ですが、周りが全員高校卒業または大学生ばかりで、色々と自分が中卒だということがコンプレックスになりはじめました。
そんな時に、通信制高校ならば働きながら通う事ができるというのを知りました。
これならば今の自分の環境でも高校卒業の資格を得ることができると思ったのがよい思い出です。
ちょうど、アルバイトをするようになってから、お金もたまり良い時期でした。

通信制高校への入学時代はスムーズでした

そして、通信制高校に入学するかたちになり、毎日仕事が終わってから時間を見つけて勉強をするようになっていきました。
勉強についてはちゃんとした普通科の高校と同じような内容で、とても面白かったです。
スクーリングも特に問題もなく、仕事が休みの日を利用して通っていました。
その結果、中卒の私でもちゃんとした高校卒業の資格を得ることが出来ました。
本当にその高校を卒業することが出来たというだけで、涙が出るほど嬉しかったのを覚えています。

大学進学への道も開けました

また、話はそれだけではなく、せっかく高校を卒業したんだから、次は大学へも進学しようと思って今度は新聞奨学生制度を利用して、学費を稼ぎながら大学進学も果たすことが出来ました。
そして現在、4年生大学を卒業してかなり大きなメーカーに就職することが出来ました。
なので、私にとってはその通信制高校が人生を変えてくれるきっかけになったと感じています。
やはり学歴というものは大切で、それがあるだけで気持ち的にも余裕が生まれますし、就職活動の時にはかなり優位になってくると感じます。
ですので、私のように中卒の方はそんな通信制の高校を利用する方法もあるので、機会があったらぜひそれに挑戦して見てほしいと思います。