通信制高校の2つの特徴

通信制高校の特徴とは?

通信制高校というのがいろいろな特徴があります。
その特徴というのは、一つに、いつも通学しなくていいことです。
レポートと試験に合格することで、各教科の必要出席日数を満たすことが条件になります。
基本的に、自分が履修した教科に対して、試験をすることで、合格点以上を取らないと合格できないし、進級ができないのです。
これは、通常の高校と大きく違うところであり、出席日数の関係のところもありますが、合格ができるかできないかという事で、その教科の理解度がどの程度なのかを、直に見極めることになります。

登校日が設定されている学校もあります

また、学校への登校義務というのも出席日数の関係もあって設定されています。
年に1週間の合宿とか、月に2回程度のようなところが多く、基本的には、必要出席日数さえ足りていれば、問題ありません。
試験日以外は登校の必要がなく、自分のペースで高校に通うことができるところはメリットと言って良いでしょう。

自分のペースで学習できる

二つ目に、学習についてです。
自習レベルになりますが、現在は、いい教材もそろっており、ビデオなどもインターネットでみれるようにしているところが多いです。
何度も繰り返し学習ができるのはメリットです。
基本的に自分のペースで勉強ができるようになっているところが、マイペースな人には、かなり充実した勉強ができるシステムでもあります。
基本的に、高校卒業資格というのは、必要単位を取って、HRなどの特別授業などの出席日数を満たすことで認められますが、それ以外は、自分のペースによるところが大きく、自主性の強い人には、それなりに有意義に過ごせる環境にある学校のシステムであります。

新しい世代に現れてきた新しい学習法

このように、通信制高校というのは、いろいろな特色を持っている学校でもあり、これからの勉強方法を変えた教育システムでもあります。
今までも、これらの方法がありましたが、インターネットの発達で、その背景というのが徐々にかわってきたところもあって、自分自身の向上のために、通信制高校のような道を選ぶのも一つの方法でもあります。